メニュー

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルとは

当院で扱う医療レーザー機器

当院の特徴

料金表
施術までの流れ  

 

レーザーフェイシャルとは

冷却装置の付いたレーザー光を顔全体に照射することで、メラニン色素へ反応しシミやくすみを改善する治療方法です。一般にレーザー照射後は、腫脹やヒリヒリとした痛みが生じ、照射部を保護テープなどで覆う必要がありますが、レーザーフェイシャル では低出力のレーザーのためダウンタイムはほとんどありません。これはDynamic Cooling Deviceという照射時の痛みを最小限におさえ、表皮の熱損傷を軽減させるという冷却装置が装着されているためです。ただし、数日間は照射部位に赤みや痒みが生じることもありますが、次第に落ち着いていきます。また、レーザーフェイシャルはシミやくすみの改善だけでなく、産毛の脱毛効果やコラーゲンの産生が活性化され毛穴引き締め効果もあり、お肌全体をきれいにしていきます。

 

当院で扱う医療レーザー機器

厚生労働省承認で高い安全性の最新医療レーザー機器です。

 
2波長を1台に搭載

GentleMax Pro Plus(ジェントルマックス プロ プラス)は、波長755nmと1,064nmの2波長を1台に搭載しています。 波長755nmのレーザー光は、メラニン色素に対して選択的に吸収されやすいという大きな特徴があります。メラニン色素を多く含んでいる毛が光エネルギーを吸収し、熱に変換されます。その熱が毛の周囲の毛包・毛乳頭部に対して拡散することで毛の組織を破壊していきます。波長1,064nmのレーザー光は、波長が長く表皮メラニンへの吸収が少ない特徴があるため、皮膚へのダメージを最小限に抑えながら肌の深部までレーザー光を効率良く伝えることができ、効果的なレーザー脱毛治療を行うことができます。

分光吸収曲線と各レーザー機器の波長を表した図皮膚への光の深達度を表したグラフ

 

 

可変式のパルス幅

レーザーのパルス幅(照射時間)を調節できる機能を有し、患者さんの肌質や毛質に合わせた設定で安全な脱毛施術が可能です。

 

表皮冷却システム ダイナミッククーリングデバイス(DCD™)

DCD™がレーザーに同期し、レーザー照射直前に寒剤を吹きつけることにより皮膚を保護します。

 

当院の特徴

定期診察のついでに施術できる

シミ取りのために時間を作って他の医療機関やエステサロンに行くのも面倒くさい。当院では、気管支喘息や糖尿病、高血圧症などの定期診察のついでにレーザーフェイシャルを受けていただけます。

 

予約の取りやすさ

だいたい1か月~1か月半に1回のペースで施術を受けていただくことが推奨されています。1回の照射での効果はもちろんありますが、Qスイッチレーザーやピコレーザーのような強いエネルギーを照射するシミ取りレーザーとは異なりマイルドな治療効果となるため、満足していただける効果にいたるまでには5~6回の照射が必要であると言われています。施術がスムーズに進み患者様にご満足いただけるよう、できるだけ多くの予約枠を設けています。

 

完全個室の施術室を完備

広々とした完全個室を完備しています。また、院内にはパウダースペースもあり、施術後にはメイクアップしてご帰宅いただけます。

 

便利なクレジット決済対応(分割払いも可能)

JCB、VISA、マスターカードなどご利用いただけます。他には楽天ペイ、auペイ、d払いなど電子決済もご利用いただけます。

 

料金表

  価格(1回)
16,500円

※痛みに敏感で麻酔ご希望の場合は、追加料金+2,200円となります。

 

施術までの流れ

診察予約(ネット予約あるいは電話予約)

  ↓

医師による診察(自費診療)

お肌の状態を確認し、希望部位の確認などカウンセリングいたします。

  ↓

後日施術スタート

 

 

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME