メニュー

アレルゲン免疫療法

スギ花粉や通年性のアレルギー性鼻炎は、一日中続く鼻水や鼻づまりのため日常生活の質を落とします。そういった生活の質を改善するために、舌下免疫療法という治療法が行えるようになりました。現在、スギとダニに対する舌下免疫療法を行うことができます。

舌下免疫療法では、少量のアレルギー成分を舌の下に投与し少しづつ体を慣らしていきます。その結果、スギやダニなどのアレルギー成分に触れても、鼻水、鼻づまりなどの症状を抑えられるという仕組みです。大量のアレルギー物質を投与することはできませんので、コツコツと続けていくことが重要です。治療期間は3年以上が推奨されており、長く感じられると思いますが、完全に症状がなくなる方もいるためメリットも大きいと考えます。

受診時には、問診と血液検査でアレルギー物質の同定を行います。スギもしくはダニに反応があるという結果が出れば、治療を開始する事ができます。治療開始前には、治療について詳しく説明を行いますので、心配なことがありましたらいつでもご質問下さい。スギとダニの両方にアレルギーがある方は、同時に両方の治療は行えませんので、どちらの症状が強いかを判断し治療薬を決定します。

トリーさんのアレルゲン免疫療法ナビhttp://www.torii-alg.jp/で詳しい情報を手に入れることができますので参考にして下さい。

(注)スギ花粉に対する舌下免疫療法はスギ花粉飛散期には治療開始ができないため、花粉飛散が終わってからの治療開始になります。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME